So-net無料ブログ作成

日米合意、新内閣でも尊重を=普天間移設で岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は4日午後の退任会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米合意について、「閣議で決めたものだからもちろん尊重される。内閣が代わっても変化がないことは当然だ」と述べた。
 岡田氏は日米合意で8月末までの代替施設の建設場所や工法の決定を明記していることに対し、「完全に沖縄側の理解がないと前に進まないということではない」と強調。沖縄県側が政府方針に反発していることには、「当然、反省すべきところはたくさんある。期待感を非常に高めてしまった」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

<性犯罪>「前兆行為」への指導・警告1229件 警察庁(毎日新聞)
<雑記帳>「蚕飼育キット」発売…家庭で繭作り観察を 京都(毎日新聞)
債務残高、10年後縮減=概算要求基準復活を示唆―野田財務相(時事通信)
サンド伊達のブログ・ジンクス この芸人出すとコメント減る…
ホームに入りきらずドア開く…札幌駅着「北斗星」(読売新聞)

前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)

前原国土交通相は28日の閣議後会見で、政府の消費者委員会が自動車のリコール制度見直しに向け調査を行う意向であることについて「消費者委員会の調査に資するよう、資料要求があれば協力したい」と述べた。

一方で、同省としても、情報収集体制の強化と調査分析体制の強化の観点から見直しを進めていく考えを示した。

情報収集体制について前原国交相は、自動車の不具合情報は各メーカーから3か月に1度寄せられる仕組みになっていることについて「重大事案は随時提供してもらう必要がある。きめ細かな情報が伝わる仕組みを作るため、メーカーに運用改善を求めていきたい」と述べた。

調査分析体制については「交通安全環境研究所の常勤職員は1人であり、技術的検討を加えるためにはいささか心許ない」と体制強化に意欲を示しながら、「いずれにしても消費者委員会の要望に真摯に対応し、承った結論についてはしっかり検討したい」と述べた。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
【新聞ウォッチ】トヨタリコール騒動再燃、新型 パッソ は無料改修
【新聞ウォッチ】レクサスもリコール問題浮上
設計起因のリコール増える…車両使用長期化が影響
国土交通省 特別編集
リコール情報 特別編集

シンシアの丘 介助犬の存在さらに発信へ 開所1周年式典(毎日新聞)
社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
ブラッドサースティー・ブッチャーズ、23年目の最高傑作『NO ALBUM 無題』、その裏側の葛藤とは?
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
<詐欺罪>無賃乗車の男性 障害考慮し逆転無罪…東京高裁(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。