So-net無料ブログ作成

【いのちの懸け橋】(上)医療技術、ベトナムへ 子供救う“釣りざお”に(産経新聞)

 「ベトナムには『人を助けたいなら魚ではなく、魚を釣る釣りざおを渡しなさい』ということわざがある。今回の事業は、まさにこのことわざ通りだ」

 2月22日、ベトナムの首都ハノイ。市街中心部にあるベトナム北部最大の総合病院「バックマイ病院」の会議室で、グエン・クォク・アン院長は、笑顔でこう語った。

 「今回の事業で、先天性心疾患(生まれながらの心臓病)に苦しむベトナムの多くの子供が救われることを願っています」。アン院長に対し、国立国際医療研究センター(NCGM)の木村壮介院長もほほえみながら返答した。

                  ◆◇◆

 明美ちゃん基金とNCGM、バックマイ病院はこの日、基金の適用が決まった「ベトナムへの先天性心疾患の医療技術指導」事業に関する覚書を交わした。

 事業の柱は2つ。ひとつは、日本から外科医、麻酔医、医療技師、看護師らで構成する医療団が年数回ベトナムへ渡航し、先天性心疾患の治療の技術指導を行う、というもの。

 もうひとつは、ベトナムから同様の医療団を日本に招き、大学病院や一般病院で研修を受け、高度な技術を学んでもらう、というものだ。研修先は、東京女子医大病院(東京都新宿区)や榊原記念病院(同府中市)が予定されている。

 長年にわたり国際医療協力に尽力してきたNCGMは、過去にも同病院に対して心臓病治療の技術指導を行ってきた経緯がある。

 日本の高度な医療技術をベトナムの医師に伝えることで、先天性心疾患に苦しむベトナムの多くの子供を救おう、というのが今回の事業の狙いだ。

 明美ちゃん基金は、読者の方々から寄せられた善意で、事業の支援を行っていくことになる。

                  ◆◇◆

 「世界に100人の先天性心疾患の子供がいたら、このうち50人は何の治療も受けられず、40人は不十分な医療しか受けられない。必要な治療を受けられるのはわずか10人にすぎない」

 前東京女子医大心臓血管外科主任教授で、榊原サピアタワークリニック(東京都千代田区)の黒沢博身(ひろみ)院長は世界で先天性心疾患に苦しむ子供たちの状況をこう説明する。

 新生児の約1%が抱えているといわれる先天性心疾患。日本では毎年約1万人が生まれてくる計算だが、この子たちは必要な治療を受けられる「10人」の中でも、特に手厚い医療を受けられる状況にあるという。

 だが、ベトナムでは…。

 「世界の国々同様、ベトナムにも先天性心疾患に苦しむたくさんの子供がいる。しかし子供の手術ができる医療施設が、患者に比べて圧倒的に少ない」。こう話すのは、バックマイ病院の外科主任を務めるグエン・ホアン・ハー医師だ。

                  ◆◇◆

 他の東南アジア諸国に比べ高い医療技術を持っているといわれるベトナム。だが、それでも小さな心臓にメスを入れるには、足りないものが多い。ハー医師は「日本ではごく簡単な先天性心疾患の手術でも、ベトナムでは1年以上待たされたうえ、間に合わず亡くなっていくケースも多い」と説明する。

 ある程度の技術はある。熱意もある。治療施設がまったくない絶望的な状況ではないものの、助けられるはずの子供に手が回らない。「目の前の魚を釣ることができない」。それが、今のベトナム医療の現状だという。

 逆に言えば、誰かが釣りざおさえ渡せばいい。今回の事業の目的、それはまさにベトナムに医療技術という“釣りざお”を手渡すことなのだ。(豊吉広英)

6月に「介護保険ホットライン」(医療介護CBニュース)
JR福知山線脱線事故、25日で5年 慰霊式開催へ(産経新聞)
東京マラソンを法人化 石原知事が発表 出場枠のオークションも可能に(産経新聞)
参院選比例で同一略称は「受理」=「日本」使用で−政府答弁書(時事通信)
来月4日に沖縄訪問で調整=鳩山首相(時事通信)

両陛下、みどりの式典にご出席(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は23日、憲政記念館(東京都千代田区)で開かれた第4回「みどりの式典」(内閣府主催)に出席された。式典では、植物などに関する学術上の功績のあった個人に贈られる「みどりの学術賞」の授賞式があり、今年は立教大大学院理学研究科の黒岩常祥特任教授(68)と、東大の鈴木和夫名誉教授(65)が表彰された。両陛下は式典後のレセプションにも参加し、出席者と懇談された。

【関連記事】
天皇、皇后両陛下が浅田選手にお声かけ 春の園遊会 
両陛下、日本国際賞授賞式に
両陛下が「桜保存林」ご視察
両陛下が武蔵陵墓地でご拝礼
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり

勇ましい武者人形130体 世界の民俗人形博物館 長野県須坂市(産経新聞)
平野氏交代を要求=「知事欠席要請なら侮辱」−民主沖縄代表(時事通信)
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相(産経新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)

<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)

 春の全国交通安全運動(6〜15日)期間中の交通事故死者数は96人で、警察庁が1954年に統計を取り始めて以降、秋も含めて最も少なかったことが16日、同庁のまとめで分かった。前年より12人少なく、初めて100人を下回った。

 ピーク時には春で372人(70年)、秋で446人(71年)が運動期間中の事故で死亡している。今期間中の事故死者の約半数が65歳以上で、シートベルト非着用が原因の死者は昨年より4人増えて18人。都道府県別死者数は兵庫県が7人で最も多く、千葉、石川など10県はゼロだった。【合田月美】

【関連ニュース】
ひき逃げ:逆走し逃走の乗用車が衝突 3人軽傷 大阪
酒気帯び運転:都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ
女児ひき逃げ死:元理事長に実刑 横浜地裁判決
パトカー:乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原
酒気帯び:神奈川県議が追突、逮捕

酒気帯び容疑の神奈川県議、議会懇親会後に運転(読売新聞)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)

<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)

 鹿児島県霧島市立陵南小で屋上の天窓が割れて小3男児が転落し重傷を負った事故を受け、文部科学省は16日、都道府県教委に天窓について安全管理の徹底を求める通達を出した。

 東京都杉並区の類似死亡事故(08年)を機に出した文科省の通達2通のうち1通が、同市教委から市内の各学校に届いていなかったことも判明しており、市町村教委や各校への周知徹底を指示している。

 通達では、安全点検の再実施や教職員の意識向上を求めている。同省学校健康教育課は「(霧島市の件は)教職員の共通理解など、周知徹底の部分で問題があった。配布リーフレットなどを活用し事故防止に努めてほしい」と語った。

東北新幹線 新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
障害者自立支援法訴訟7例目の和解 大津地裁(産経新聞)
井上ひさしさん死去 父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)

子ども手当、厚労省HPに「一問一答」(読売新聞)

 厚生労働省は6日、子ども手当に関する「一問一答」を同省ホームページに掲載した。

 国会審議でも取り上げられた「母国で50人の孤児と養子縁組を行った外国人」については、「支給されない」と明記した。

 同省は3月31日、実務を担当する自治体あてに支給要件などを通知した。この中で在日外国人への支給要件は、〈1〉少なくとも年2回以上、子どもと面会している〈2〉生活費などの送金がおおむね4か月に1度は継続的に行われている――ことなどとした。しかし、その後も、海外に子どもがいる在日外国人に支給するかどうかの問い合わせが相次いだため、具体的事例を挙げて説明することにした。

放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
川崎マンション火災 重体の4歳次男死亡 死者3人に(産経新聞)
銃声 連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
追悼・藤田まこと、中村主水の勇姿再び〜劇場版「必殺」シリーズ6作を
虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)

<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)

 東京大は2日、他人の論文盗用や履歴書の虚偽が判明したトルコ国籍のアニリール・セルカン大学院工学系研究科元助教(37)を3月31日付で懲戒解雇したと発表した。

 東大によると、元助教は実際には卒業していない米国の大学などの証明書を偽造して履歴書を提出、05年に東大助手として採用された。03年には全体の約4割を盗用した論文で東大から工学博士の学位を取得。06年度の科学研究費補助金の報告書でも論文盗用や実際には存在しない文献を実績として虚偽報告していた。

 東大は3月2日付で学位を取り消した。本人は15日に辞職届を提出し、民法の規定に基づき29日付で雇用契約が解除されていた。大学側は「論文盗用に加え、証明書偽造など極めて悪質」と判断、懲戒解雇とした。退職金は支払われない。【山田大輔】

【関連ニュース】
セクハラ:東大の30代准教授を諭旨解雇
東京大学:トルコ国籍助教の博士号取り消し 論文盗用で
東大:2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気
東大:論文に虚偽記載、教授を懲戒処分
東京大学:合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍

<製品事故情報>消費者庁のデータバンク 1日から開設(毎日新聞)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
幹事長代理に河野氏 自民 選挙対策、若手を起用(産経新聞)
チリ地震、津波の理解度まちまち 迅速な避難行動が大切(産経新聞)
母子練炭自殺か 三重、車内に遺書(産経新聞)

駅トイレに侵入し、女性襲う 容疑で少年を逮捕(産経新聞)

 駅の公衆トイレで女性にわいせつな行為をしようとしたとして、警視庁少年事件課と荻窪署は、強制わいせつ致傷の疑いで、横浜市在住の自称塗装工の少年(19)を逮捕した。同課によると、少年は容疑を認めている。

 逮捕容疑は、今月24日午前10時過ぎ、東京都杉並区の西武新宿線上井草駅構内の公衆女子トイレで、都内在住の30歳代の女性店員にわいせつな行為をしようとし、軽いけがを負わせたとしている。

 同課によると、少年は女子トイレの個室に侵入し、中にいた女性を「騒いだら殺すぞ」と脅迫。わいせつ行為をしようとしたが女性に抵抗されたため逃走し、駆けつけた警察官に駅近くで取り押さえられた。女性は、少年ともみ合った際にけがを負った。

 今年1月にも荻窪署管内で手口の似た事件が起きており、同課が関連を調べている。

【関連記事】
夫婦交換パーティーで大学教授ら男女22人起訴 中国南京市
「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕
元Jリーガーを不起訴処分に 強盗と強制わいせつ容疑で逮捕 
教え子10人被害、強姦の元教諭に二審も懲役30年
ホームステイ先で就寝中の女性の手を1時間握る 大阪府職員を停職

同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故−地検(時事通信)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>京都・平等院を訪問 (毎日新聞)
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高−厚労省調べ(時事通信)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。